読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary

生きてる

北方三国志②

 

三国志〈2〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
 

 1巻読了から間が開いてしまっていた。2巻感想も書きます(^o^)

「ほ、鮑信ーーーっっっ!」て感じでした。
最初人物評価散々だった覚えがあるけど何故か終盤曹操と仲良くなっちゃって、曹操を助けるために犠牲になっちゃって…鮑信が亡くなられた後は鮑信の部下の許チョをゲットし…劉備もタラシだけど曹操も相当なタラシ…
天下を取ろうとする人間はそれぐらい魅力的じゃなきゃダメなんだろうな(笑)

鮑信は命をかけて曹操を逃しましたが、鮑信がいなければ曹操軍3万VS青州黄巾賊100万の戦は普通に考えて数で勝てなかったでしょう。見たか袁紹~~~~っ

鮑信という武将はよく知らなかったので、ちょっと軽く調べてみたら…かなり、好印象で好きになりました。鮑信が亡くなった後、曹操は黄巾賊を降伏させ、鮑信の遺体を探しますが見つからず、曹操は多いに悲しみ、鮑信の姿を木彫りで作り葬儀をしたそうな。

うーん、曹操、父の敵として徐州での鬼のような虐殺行為も見せれば、こういう人間らしい部分も見せるのだから、なんて、かっこいいんだろうと思わずにいられない。陳宮らに裏切られたときにガクーッとなってたのかわいい。

1巻の主人公が呂布だとしたら2巻は曹操かな。

劉備は相変わらず腹黒だし、しかも糜竺の妹に溺れるわで良いところがあまり無いな!w
そして趙雲、影がうすい。うむ。致し方ない。