読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Diary

生きてる

SAO13巻

 

 キリトってやっぱモテるんだなぁ……と思った巻でした
いや、そういう描写があるワケじゃないんですけど、あのアリスの氷のような心を溶かしてしまうんですから、やはり不思議な魅力があるのでしょうね。同姓のユージオだってそう言ってるし、うん、そうなんだ。キリトくんは不思議な魅力に満ちあふれててとってもかっこいいんだ!!老若男女関係なくドキッとしてしまうんだーー!とでも思わないと「……こいつ…」みたいになっちゃうよ!!
ユージオとアリスの幸せな未来を願っていたのでこの展開には首をひねってしまうけれどもまぁ………ユージオが恋焦がれてるのは幼いころのお転婆なアリスで今の氷アリスでは無いワケだから人違いといえば人違いか。

さて、そういう甘酸っぱい恋の話でも無いのでここまでにして。
アリスの意識の変革に伴い、ユージオのときと同じことが起きます。右目の破裂です。
キリトの肩にしがみつきあのアリスが「…ひどい…」と嗚咽を漏らすところは本当に悲痛ですしこのアンダーワールドという世界を憎んでしまいます。このゲームシステム作ったやつ出てきなさい。

整合騎士1位とユージオの対戦もなかなか熱かったのですが…
ちょっと拍子抜け、という感じも否めないかなーと。騎士1位が2年たらずアインクラッド流を習ったユージオに……おやおや。
それでもユージオの中の信念や決意はかなり強く、こちらをドキドキさせてくれました。それに小さい頃憧れていた「1位」を倒すことはキリトではなくやはりユージオでしかありえない、ということも理解できます。

 14巻、行きます。
14巻の表紙はきっとSAOで1番好きな表紙になるんじゃないかと。双子で兄弟で師弟でそして親友。鏡写しのようになってる構図が最高です。